読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

捨てられないアレら

ミームは残しておくよ

雲海に浮かぶ城「竹田城」

「天空の城」という呼び名で有名になった竹田城跡。
その雲海に浮かぶように見える城跡の姿から、そう呼ばれるようになりました。

その竹田城跡が雲海に囲まれた姿を空撮できました。

youtu.be

 

実は6年前から竹田城跡と雲海は狙ってるんですが、いつも行くタイミングで雲海があまり発生してなかったりで・・・今回始めて一面を雲海に埋め尽くされた竹田城と出会うことが出来ました。
正直、その光景に感動して指が震えて思うような撮影はできてないので、空撮としてはヘッポコですのでご容赦ください。

写真も撮ったのは以下に公開。
まさに雲海に浮かんだ島々・・・という世界でした。

雲海に浮かぶ島々

 

雲海はこんな条件のときに観ることができます。

www.tenki.jp

 竹田城跡に限定すれば条件は以下でしょうか。

  • 夜はずっと晴れて放射冷却が起きている。
  • 昼夜の気温差は10度以上。
  • 風があまりないこと。(風速3~7m程度なら大丈夫かな?)
  • 前日の日中や夕方に雨が降ってると、なお条件は良い。

比較的条件としては10月以降なら達成しやすいと思われます。

kojodan.jp

find-travel.jp

雲海に浮かぶ竹田城跡を撮る・観るなら、「立雲峡」か「藤和峠」のどちらか。お城よりの雲海を観るなら、竹田城跡に登山。
11月ともなるとダウンジャケットを着て真冬のつもりで挑んでくださいね・・・。
ちなみに私が撮影した同日に知人が立雲峡より撮影していたそうですが、4時前には撮影場所確保していたが多数の方が既に場所取りしていたそうです・・・観に行かれる方はそれくらいの覚悟をしておいてください。

ちなみに6時台に日が昇り、8時くらいまで雲海は続くことが多いです。日の出狙いの方は7時位に飽きて帰りますので、その後にしっかり観られるというイメージと思われます。

ちなみに写真を撮影した日は、日の出前の時点で竹田城跡の麓のあたりは完全に霧で覆われていました。これが雲海になるわけです・・・。